参院選チームC

2016年 参議院選挙 チームCは、公明党の三浦信祐候補と、日本のこころを大切にする党の清水太一候補についてまとめました。 公明党 三浦信祐候補        日本のこころを大切にする党 清水太一候補 (1)政策重点分野は? 「マニフェストスイッチ」のデータをもとに、候補者がどの分野の政策を重視しているのか、レーダーチャートにしました。 青が平均値、オレンジが三浦候補の値です。清水候補は値がありませんでした。 「社会保障」「産業政策」「社会資本整備」「教育・子育て」「農林漁業」に、均等に配分しています。 平均値より上「社会資本整備」「農林漁業」 ほぼ平均値「社会保障」と「教育・子育て」 平均値より下「税財政・財政再建」「労働」「エネルギー」「行政・議会改革」「安全・防災・震災復興」 財政再建を進めるよりも、積極的に予算を使い、社会保障の充実や経済成長を考えている候補という姿勢が読み取れます。 (2)安倍政権の政策への評価 それぞれの候補について、現政権の政策への評価を4段階にしてみました。 左側に近いほど、現政権の方針を踏襲する傾向が強いことをあらわしています。 (*一番下と下から2番目の項目をのぞく) 青が三浦候補、オレンジ色が清水候補です。 三浦候補は政権与党(公明党)の候補のため、基本的には 安倍政権の政策を評価する立場ですが、ひとつだけスタンスが分かれた項目がありました。 三浦候補は、憲法改正については「日本国憲法は優れた憲法だと評価する」としています。 「国民主権、基本的人権の尊重、平和主義は堅持し、何を変えるべきか国会の憲法審査会で冷静な論議をすべきだ。」として 慎重な姿勢と受け取れました。 一方で、清水候補は 「日本国憲法には、時代にそくわない条項がある。日本人の手による自主憲法制定を主張している。」と記入。 憲法改正には全面的に賛成しています。 公明党の三浦候補は、経済政策に関しては歩調を合わせていても、憲法問題については政権と距離を感じる部分があること、 一方で日本のこころを大切にする党の清水候補は、野党ですが政権の方針を支持していることなどが見えてきました。

【Open Air Hack at Shouwa-Era Old Fashioned Japanese House】Data Visualize of History of Yokohama 〜Programmingless workshop

2016年4月16日(晴れ)、昨年秋に鎌倉自然データビジュアラゼーションもくもく会(鎌倉古民家ハック)でタッグを組んだ野良ITさんと共催で、E2D3を活用したデータビジュアライズイベントを開催致しました。   本日開催されたイベント【昭和の住宅de野良IT】横浜の歴史データビジュアライズ〜プログラミングレス・ワークショップは、Excelデータビジュアライズツール「E2D3」を使って、横浜の歴史を可視化するワークショップです。   開催地は横浜のお隣、反町駅から急坂を10分弱駆け上がった場所にあるシェアハウス(予定)の敷地内。東海道五十三次の一つ、「神奈川宿」を見下ろすと同時に、横浜駅の発展の歴史を見守った場所です。 E2D3上に新たに追加されたマップグラフにより、この歴史あるエリア付近でかつて撮影(または描写)された写真に、まさに本日撮影された現代の写真をE2D3上で重ね合わせることが出来るようになりました。   地域の歴史やデータビジュアライゼーションに興味のある参加者の皆さんは、息を切らしながら心臓破りの坂を登り、会場入りしました。しぇあはうすプロジェクト、野良IT、E2D3に関するレクチャーを聞いた後、高島台で昔撮影された写真と同じ構図で写真が撮影できる場所を探し求め、深い山谷をアップダウンし続けました。 夕方には5つのチームが成果を発表しました。各チームの発表者は、E2D3上のマップにあるポイントをクリックして過去と現在の全く同じ構図の写真を背景に、本日発見した横浜の歴史を説明していきました。参加者からはおーっという驚きと感動の声が。   今回は、local wikiというwikipediaの機能を使い、地域の写真データをアップしていきました。wikipedia上で地域の歴史を記録していくwikipedia街道というプロジェクトともコラボの形が見えてきました。   成果物をシェアしましたので、御覧ください。(マーカーをクリックするとポップアップが表示されます。さらにクリックすると、古今の比較写真が見られますよ!)

E2D3 won the Minister for Internal affairs and Communication Award of STAT DASH Grand Prix 2016

  【総務大臣賞 受賞!】 【追記】受賞がメディアに掲載されましたので、最後尾に追記しました。   2014年からボランティアで有志が集まってスタートした、オープンソース・データビジュアライゼーションツール、それを開発・活用するグラフ共有コミュニティE2D3ですが、この度、その活動が認められ総務省統計局、その他団体が主催する「STAT DASHグランプリ2016」の総務大臣賞を受賞した事を、喜びとともにここに報告致します。 偏にユーザー及びコントリビュータの皆様のご支援の賜物でございます。改めて、御礼申し上げます。 本日、プロジェクトリーダー五十嵐は、最初期からのメンバー竹内、小副川、大曽根、山本らと共に、授賞式に臨みました。 受賞の際、高市早苗総務大臣からの 「皆様はそれぞれ別々の会社に所属され、ボランタリーで活動されていると聞いています。多様な糸と糸が織り重なって新たなイノベーションに繋がると思います。大変な事も待ち受けていると思いますが、今後もバージョンアップされ続けることを期待しています」 とのお言葉を受け、改めて思うことは、 これまでのデータビジュアライゼーションの枠を拡張し、データを扱う専門家だけでなく、様々な職域の方々、大学、高校、中学校、そして小学校までも含めた、色々なシチュエーションに置いて、持てるデータ、身近なデータをどの様に活用し、新たな知見を共有していくか、という課題が、これからの人類の進化に繋がるということです。   今E2D3は、日本全国、そして世界中から、新しいコントリビュータが続々と参加し、各々のスキルと思いをもって活躍しています。 我々は今後も新たなバージョンとして、プロダクト開発・コミュニティ運営双方の活動においてオープンであり続けると共に、人類のデータリテラシーに貢献し続けることを、改めてここに宣言致します。 総務省報道資料(平成28年4月4日):「STAT DASHグランプリ2016」の受賞者のお知らせ  政府統計の総合窓口e-Stat API機能: STAT DASH グランプリ2016 受賞作品一覧及び総務大臣賞表彰 Data Visualization for All E2D3. Have fun! from all members of E2D3 ver 0.7   【2016/06/01】広報誌 総務省 平成28年 6月号 「STAT DASH グランプリ2016」総務大臣賞の表彰式が行われました。 (9/13ページ) 【2016/04/05】マイナビニュース 政府統計データ活用のアイデア競う「STAT DASHグランプリ」の受賞者発表 【2016/04/04】Current Awareness Portal 統計データや統計APIを活用するアイデアを募集するコンテスト「STAT DASH グランプリ2016」の受賞者が発表される 【2016/04/04】IT Pro…

【Lightening Talk】Bluemix User Group for Women Vol.1

女性を対象としたBluemixユーザー会の記念すべき第1回イベントにて、E2D3メンバーがLTのチャンスを頂きました。 2016年3月3日ひなまつり、IoTとIBM社のBluemixをこよなく愛する女性達が、『第1回 Bluemixユーザー会 for Women 〜 集まれ、Girls & Women !』と題したイベントを開催しました。 ハッカソン等でも手軽にアプリケーションを作れるPaaSであるBluemixの女性ユーザーの活躍を願って、BMXUG for Womenとしてリアルな情報交換の場等を企画していらっしゃいます。 Bluemixの可能性や参加者の皆様の愛情を感じる素敵なイベントでした。 Bluemixユーザーグループ(Facebook) https://www.facebook.com/groups/895001757218603/ 第2回 IBM Watson日本語版ハッカソンに参加申し込みをしたというだけの非常に小さい接点から、E2D3がなぜこれから来るアプリケーションなのかというお話をさせていただきました。 E2D3メンバーの強力なネットワークによって、参加者の皆様にWatsonを利用した算数の文章題学習支援アプリケーションを紹介できたことがLTのきっかけとなりました。様々なバックグラウンドを持つメンバーがいるオープンソースプロジェクトをおもしろさを皆様にお伝えできたように思います。