「【E2D3】第一回スポーツxデータビジュアライゼーションハッカソン」を開催しました

2017年3月4日、全世界的にオープンデータの利活用を考えるイベントを開催するインターナショナル・オープンデータ・デイ(IODD)である本日、「【E2D3】第一回スポーツxデータビジュアライゼーションハッカソン」を開催しました。 本イベントは、2017年2月18日に開催した「E2D3第1回スポーツデータなんでも可視化アイデアソン」で出たアイデアを実際に可視化するために企画されており、第1回目のE2D3主催のスポーツデータ可視化イベントはこのアイデアソンと本日のハッカソンで構成されます。 後半戦となるハッカソンでは、横浜オープンデータソリューション発展委員会主催の「インターナショナル・オープンデータ・デイ2017@横浜」の会場の一部をお借りして、参加者のみなさんが丸一日をかけてデータ可視化に取り組みました。昼食を挟んだ前後半に分かれており、ハンズオンとハッカソンを行いました。   第一部:インプットとE2D3ハンズオン  まず、参加者の方にデータビジュアライゼーションのイメージを掴んで頂くために、データ可視化エクセルアドインであるE2D3のハンズオンを行いました。E2D3はGItHubでソースを公開して開発をし続けているオープンソースアプリケーションですので、GitHubの基礎的な操作やNode.jsのダウンロードまでを含めた一通りの作業を参加者全員で行いました。講師は、E2D3のえばたあやさんです。 ハッカソンに備えて、実際にデータ可視化を行う方法の一つを体験した参加者からは、「仕組みが理解できてよかった」「操作に慣れない部分はあるがコミュニティイベントを通じて解決したい」といった声がありました。   第二部:ハッカソン(一部参加者はアイデアソン)  ハンズオン後は、前回アイデアソン参加者と今回ハッカソンからの参加者とに分かれて、前者はハッカソン、後者はアイデアソンを行いました。 ハッカソン側は、4競技に分かれてそれぞれ作業を進めました。前回考えたアイデアをベースに、実際にどのようにすればグラフに落とし込むことができるのか、サンプルデータの縦軸と横軸には何を設定すれば良いのかといったグラフの作り込みについてディスカッションして作品イメージを深めました。アイデアを出してデータやパーツを生成・準備するデザイナーやプランナー(ジャーナリスト、教師など含む)とイメージを実際にコードに落とし込むエンジニアとで、データのイメージ像を合わせるところに多く時間を割いていたチームもありました。 アイデアソン側は、実際に作品に落とし込める方(作品ありアイデアソンとして分類)は作品作成を、アイデア発表をしたい方(アイデアソンとして分類)はスライドを用いたアイデア発表の準備を行いました。         約5時間の作業の後、計8つのアイデア及びグラフ作品の発表がありました。 アクアスロン(綿貫) 作品ありアイデアソン 小金アクアスロンへの参加経験を生かして、アクアスロンの見所(逆転のポイント)を可視化。アクアスロンは水泳とランニングで構成される競技だが、スイム後の順位からランニング終了までにどのように順位が変化したかを見せたいと考えた。大会結果を表で見るだけではなく、 大会の最中にどのような順位変動があったのかグラフを見たときに感覚で理解できるようにしたいという思いがある。 感覚的に時間的な速さが棒グラフの長さで表されることに違和感がある、上位が上から並んでいれば見やすいのではないか、など意見が出ました。   避難経路(strsho) 作品ありアイデアソン E2D3のマラソングラフのアイデアをヒントにして、避難の経路を可視化。「釜石の奇跡」は日頃の避難によって実現したという話を受けて、避難訓練を楽しむことができるマップを作成した。ルート上の風景を撮影してマップ上に記録させることができるので、災害の状況に合わせてどの避難路を通れば良いか自分で考えて避難することができる。 災害時と通常時の避難の経路の違いを見られれば良い、リアルタイムで他の人と比較できないか、大人数でサービス化してはどうか、など意見が出ました。   卓球(山田、えばた) ハッカソン 前回のアイデアソンに参加したチームがアイデアソンでのアイデアを形にした。二次元方程式で描くことができる弧を数式として表し、エクセル上に表示。係数部分を変化させることによって、卓球の球の弧が変化し、うまく相手陣地におちたり落ちなかったりするグラフを描くことができる。係数の変化によってどのように二次方程式のグラフが変化するかを楽しみながら体感することができる。 バスケや飛び込みなど他のスポーツに転用できるのではないか、虚数解のときはどんな表示になるのか、微分積分をスポーツとして表示できたら数学だけでなく物理なども勉強できて良いのではないか、などの質問/意見が出ました。   動物オリンピック(松岡、平河)ハッカソン  E2D3の徒競走グラフをヒントにして、動物の徒競走を可視化した。カタツムリとの競争も可能。 他の生き物(赤ちゃんなど)も比較したい、エクセルで小学生など子供が実際に触って可愛らしいアイコンがあるのが良い、など意見が出ました。   50m x ソフトボール投げ(Nakane)アイデアソン  盗塁選手を刺せるのかゲームにした。小学生の平均的な走る速さ(50m走)と投げる距離(ソフトボール投げ)をかけあわせて、競い合えるようにした。 盗塁選手を刺す要素を、小学生の走る速度とボール投げの距離に分解して可視化させる仕組みが良いとの意見が出ました。   シャトルラン(川沼)アイデアソン  スポーツテストの一つで、決められた時間内に20mを往復することを何回繰り返せるかを測るシャトルランをエクセル上で表示できるようにするもの。クラス対抗にすることで、スポーツテストの事前学習に活用できるのではないか。 全国的に競争させられれば面白そう、往復のグラフと累積のグラフが同時に表示できたら良いのではないか、などの意見が出ました。   テニス(多田) ハッカソン E2D3上でテニスコートを表現。サーブが重要なテニスをする選手たちが、試合後や練習後に自分が打った球がコートのどこに落ちたのかを可視化して、確認できるようにした。   データはどうやって取るのか、アウト率が若量にしたら選手が楽しめるのではないか、などの意見が出ました。   学力テスト+体力テスト(鴨下、山本、林) ハッカソン 小学生個人の学力テストと体力テストの結果をエクセルに入力すると、横長の棒グラフが均衡を示すゲージのような形になっていて、相手の同データと比較させることができる。 アイデアと仕組みは面白いが作品化しなかったことが残念、評価軸に組み込むものとして性格や音楽など感性や協調性の部分と入れるのも良いのではないか、などの意見が出ました。         発表時には、「インターナショナル・オープンデータ・デイ2017@横浜」に参加されていた外部も傍聴されており、総勢30名程度の方への発表会となりました。外部参加者の方からも積極的なご意見や質問が出ていました。…

「E2D3第1回スポーツデータなんでも可視化アイデアソン」を開催しました

2017年2月18日、株式会社アットウェアさんの会議室をお借りして「E2D3第1回スポーツデータなんでも可視化アイデアソン」を開催しました。  version1.0を迎えた今期のE2D3が注力するのは、スポーツです。3年後の東京オリンピックを念頭に置き、E2D3は誰もがスポーツデータビジュアライズを簡単に実現できるような環境を整えていきたいと考えています。第一回のイベントは、参加者の皆さんにスポーツデータの可視化アイデアを発表し合って頂くアイデアソンです。本日出たアイデアについては、3月4日開催予定のE2D3スポーツデータハッカソンにて実際にプログラミングする予定です。   イベントは午前と午後に分かれており、午前はスポーツデータ可視化イベント全体の企画会議、午後はアイデアソンを行いました。主催者側の難解なアナウンスのおかげもあり、多くの方が企画会議からご参加下さいました。午後のアイデアソンでは、インプットレクチャーの後、参加者全員が関心のあるスポーツ別に5つのチームに分かれてスポーツデータ可視化アイデアの練り上げを行い、最終的に5つのアイデアが発表されました。   ■企画会議  E2D3は、オープンソースのExcelアドインアプリケーションであり、E2D3開発及び普及に携わる人々のコミュニティそのものでもあります。コミュニティ自体がオープンなので、職種やこれまでのキャリアに関わらず、各自がそれぞれの目的意識を持ってコミュニティに貢献しています。その精神にのっとり、今回のイベント企画会議はスポーツのデータビジュアライゼーションに関心のある初参加の皆さんにもご参加いただける形式にしました。  E2D3についてのレクチャーの後。5人のE2D3イベント初参加の方と一緒に、①スポーツデータビジュアライゼーションの作品例のシェア、②あったら良いなと思うデータビジュアライゼーション例やデータ例、③データの視点での現在のスポーツジャーナリズムやオリンピック/パラリンピックの課題を、slack及びリアルでシェアしました。技術点と演技後構成点で評価される競技や異なる競技を比較し合う見せ方について、盛り上がりました。  ■インプットレクチャー 本イベントの方針と進め方について参加者にシェアした後、スポーツとデータビジュアライゼーションに関連したテーマのレクチャー二つが行われました。講師は午前中の企画会議に参加されたお二人、MatsuokaさんとKiryuさんです。    【Matsuokaさん 】 美術専門学校でデザインを教えていらっしゃる現役の先生です。授業で取り扱っている情報編集では、コンテンツ、コンテキスト、コミュニケーションの3つのCを意識して情報を伝達することが重要になります。授業で、電鉄各線の最速電車(特急、快速など)を同じ路線の低速の電車(各駅、鈍行など)と比較して何割早いかという基準を作ってビジュアルとともに比較させたことを例に上げていただき、「比較することで情報になる」「うごく、かわる、などものに動きが発生することで情報として成り立っていく」「情報可視化のファーストステップは基準をつくって他者と比較できる形にすること」等をインプットして頂きました。    【kiryuさん 】 ハッカソン大好きなデザイナーさん。スポーツデータの可視化におけるデザインの重要性についてレクチャー頂きました。 言語フリー、エイジフリー、属性フリーというスポーツデータのビジュアライゼーションの魅力を、美しいグラフィックとともにお話いただきました。「生きているグラフ」というキーワードを提示されましたが、スライドとお話自体が生きている動きのあるレクチャーでした。 ■チームごとにアイデアの練り上げ、そして発表 午前中にシェアされた過去のデータビジュアライゼーションやデータジャーナリズム作品をイメージしながら、各自が関心のあるスポーツ毎にチームでアイデアを練り上げました。チームごとの激しいディスカッションの結果、以下の五つの作品が発表されました。    「サッカー1」  プロ選手の体の動きと自分の体の動きを比較しよう。youtubeに動画をアップするだけで簡単に比較可能。生徒は自分のサッカープレーの様子を動画で撮影。簡易的なモーションキャプチャーに落とし込んで改善点を知る。使用シーンは、学校で友達と比較やプロ選手と自分のフォームとの比較。javascriptとHTML5で動的な解析ができるようなので、技術面でも問題なし。  自販機の購入時の顧客の視点移動の研究や、自販機詰めのプロと下手な人の動きの比較などを類推した、といったコメントがありました。    「サッカー2 」 サッカーのシュートの角度を測る。サッカーのキックは足の角度によって効果が変わってくることが研究でわかっている。実際に足の角度を測ることが出来る無料アプリを活用して、キックの効果を判別/学習していく。  個人技よりはチームのフォーメーション/戦略のほうが選手やチームにとって重要度が高いこともあるのではないか、実際のトレーニングに使えそう、といった意見がありました。    「野球・ソフトボール 」 「ボールをどこまで遠くに投げられるか」を可視化する。小学生が野外でボールを投げて遠投距離を測る。その結果を可視化して、飛ばした距離をイチロー選手の打球の飛距離や電車の車両の長さと比較する。  通常では比較できないようなものと自分とを比較してみたいという子供たちの興味をそそりそうだとのコメントがありました。 「イケメン卓球選手と学ぶ二次方程式」 卓球の球の動きを二次方程式の描く放物線と見立てて可視化します。イケメン卓球選手にうまく球を返せるような放物線を描く二次方程式を考えつけるかということがポイントで、二次方程式を学ぶ頃から数学に興味がなくなりがちな女子中学生をターゲットにしています。  こういうグラフがあれば、数学も好きになれたのにというコメントがありました。 「ドッキドキ 」 データ可視化によってよりエンジョイすることができる新しいスポーツを考えてくださったのが、「ドッキドキ」チームです。  心拍数が130になったらバトンを渡せるドキドキリレー。足の速さ等の身体的能力ではなくいかに心拍数を高くできたかどうかを競うことで、体型に関わらず協力して遊べる遊びを作り出しました。世界の裏側の人との協力や室内からの参加も可能です。自分の身体に興味を持ち、他者と協力することに関心を持てるようになるゲームです。    参加者投票による優勝は、ドッキドキチーム!おめでとうございます。   Slack上とリアルとでの平行した交流がイベント全体を盛り上げました。ターゲットは誰なのか、どのような機能があればターゲットがストレスフリーでデータ可視化に親しめるのかといったイベントコンセプトの細部から全体までを、参加者同士で考えるところからスタートした点に於いて特異な取り組みでした。面白いスポーツデータ可視化アイデアを出し合う純粋なブレインストーミングとは異なり、企画会議に参加した参加者自らイベントを設計し、ハッカソンの手前のアイデア固めまで行うボリュームのあるイベントでしたが、懇親会の参加率も高く、運営サイドを含めた参加者の多くが本イベントを楽しみ切ったように感じました。 有難うございました。