2015年12朁E日

(日本語) E2D3インタビュー

E2D3にとてもゆかりのあるお三方に語っていただきました。

竹内秀行(タケウチ ヒデユキ)さん、
澤紀彦(サワ ノリヒコ)さん、
小副川健(オソエカワ タケシ)さん。

それぞれの視点から語るE2D3とは?


interview001

インタビュー001 竹内秀行さん

世界10億人が『E2D3』を使える日を夢見て

Excelの全ユーザがE2D3を知っている状態になるのが理想ですね。

動的なチャートを使って、表現を広げてほしいなと思っています。

 

インタビューについて、もっと詳しく知りたい方はコチラから   インタビュー出典:レバテック



interview002

インタビュー002 澤紀彦さん

データ可視化のプログラミングコストを下げたい

データの可視化は、生データの意味をわかりやすく表現できます。

「そのコストを下げることができる」これが重要だと考えています。

 

インタビューについて、もっと詳しく知りたい方はコチラから   インタビュー出典:レバテック



interview003

インタビュー003 小副川健さん

『E2D3』がデータ探索的な会話のハブになる未来

データを見ながら会話するハブになる可能性があると思っています。

会議中にE2D3を操作して、話を進められるようになるといいですね

 

インタビューについて、もっと詳しく知りたい方はコチラから   インタビュー出典:レバテック